2003年03月25日

すったもんだのカンボジア入国

3/25 サイゴンツーリストに目当てのバスがやってくる。白人系ツアー客の大量の荷物を積み込むのはいつも時間がかかる。なんとか無理やり押し込んで、まずはロンスエンに向けてバスは出発。
どういう料金体制があるのかはわからないけど、こういうツアーのバスにはたいがい、どう見積もっても旅行が目的とは思えない現地の人も乗っている。いつも外人のお客で満席になるという訳ではないから、少しでも空席を埋めようということなんだろうけど。
昼食休憩の場所も大抵、「外人さん仕様でがんばりました」みたいな(悲しいかなおおいにずれているような気がするけど)ところが多い。
このときもご多分に漏れずそうだったので、たいして腹もすいてないわたしたちは何もオーダーせずに場所だけ確保してました。(一番最悪な客!)そこで煙草をふかしているわたしたちのとこへ、ちまき売りのばあちゃんがやってきたので、迷わず買うわたし。てか、めし食う場所(しかも白人ばっか)のとこにちまき売りにくるばあさんもよくわかんないのだけども…中味ははすの実のごはん。一個500ドン也を4個買いました。おいしかった。ただし内2個はちと腐ってました。ばあさんにしてやられちまいました。まだまだ修行が足りないのね(;´д`)
休憩のあとロンスエンのワニ園をいなし、近くの民家の小道の裏を抜けたところにボート乗り場が。どうみても単なる川沿いの民家の裏。メコンで暮らす人たちの懐の深さ(?)を感じつつ、めざすはチャウドック。今回単にバスでカンボジアに向かうだけでなく、一泊ボートツアーにしたのは、メコンの川風に吹かれたかったから。( ´_ゝ`)プッ
以前ミトーでジャングルの中でのクルーズや南インドのアレッピーでボートトリップした時とはまた全然違い、ハウスボートの集落があちこちにあるくらい広く、乾季なんだということを忘れるくらい茶色の水を満々と湛えていた。やっぱメコンはでかい。

その日はチャウドックに一泊。そして翌日、ツアーの一環でチャム族の村までおばちゃんの手漕ぎボートに各パートナーorグループに別れて乗ることに。その際、荷物は一足先の目的地で待機しているモーターボートに乗せておくとのこと。そこでリュックを下ろし別になにも考えずにおばちゃんボートに乗り込んだわたしたち。
これから起きることを予想もせずに、チャムの村で子供たちに飴玉をばら撒き(ガキどもはあくまでone duller〜と言って「飴なんかでとびきりの笑顔なんて見せねーよ!( `д´) ケッ!」というかんじでしたが…)ムスリム(チャム族は今はムスリムだそうです)の村を歩いたりして楽しんでおりました。
村を出てしばらく行くと、いよいよカンボジア国境に向かうためのモーターボートに乗り、ボーダーのふもとの村で昼食を取り、そのまま国境(ちなみにsong ten ― khadrm sam ndr kaohroka間)を越えるという予定、だそうでみんなそれなりに興奮しつつ、荷物が乗ってるボートに乗り込み、雄大なメコン川トリップを楽しんでおりました。
で、国境の村に着き、各自荷物を降ろす段階になって、わたしと旦那の荷物だけが無いのに気が付きました!誰も間違えて持って降りてもいないし、ということはすでに最初からこのボートには積み込まれなかった、ということで…..
とりあえず落ち着こうと思ってもそこまで肝は据わってないわたし。今まで何度か旅行中に焦ったことはあったけど、こんなに血の気のひいたのは後にも先にもございません。荷物にはパスポートは入ってないが、この先三ヶ月分の資金がほぼ丸々入っていたのでダメージが大きかった。
いつもならある程度分散しているんだけど、このときはツアーで移動するだけなので、大丈夫だろと思っておりました。ほんと、いついかなる状況でも万全の態勢でないとイカンのだと反省することしきり。
まぁ落ち込んでもいられないのでともかく、荷物をまとめて先送りするときに手違いがあったはず。とわたしはガイドのおねえちゃんに詰め寄り、お姉ちゃんもあちこち携帯で確認してる模様。ただ彼女はあくまでもベトナム側の人なので、「カンボジアの旅行会社にも連絡を取るものの、国境越えたらわたしではどうにもならないけど、心配しないで大丈夫だから。ランチ食べて待っていてください」とか言われても食えるわけねーだろ!
とイライラしながら煙草をふかしてるあいだ、うちの旦那は何をしていたかというと、群がる現地のガキどもと呑気に遊んでやがる!( `_ゝ´)ムゥゥウ~
このときのわたしの気持ちわかっていただけるでしょうか?
異国の地で自分の荷物が無くなってもそれを解決することもせず、ヘラヘラと現実逃避している旦那の姿を見たわたしの気持ち。英語しゃべれないとかそーゆー問題じゃねーだろっ!つーの。
言葉を失うというのはこういうことであるのか、と思いましたよ。ホントに。

そして休憩も終わるころ、どうやら荷物は他の最速ツアーのボートに乗って一足先にカンボジア入りしているとのこと。どうしてなのかはわからないらしいけど、違うボートに乗せたわけだ。ただしプノンペンの船着場で預かるがそこは17時くらいまでしか受け取りをしない(要は役人の仕事はその時間で終わるということ)ということだったのだけど、わたしの素人考えでもその時間までにプノンペンに着く訳もなく、明日取りに行ったとしても、荷物の中味は無事なのかどうなのか、確認もできない訳で。
せっかくの国境越えも、イミグレ通ったあとはバスでの移動だったのだけど、景色を楽しむ余裕もなく、旦那と口をきく気も失せ、はよ走らんかい!このオンボロバス!とか心の中で悪態をつきながらの移動となってしまいました。
そして、すっかり日も落ちて、プノンペンまであとちょっとのとこで、どういうわけか荷物をこの旅行会社とのからみのあるGHで預かっていると、連絡があり、そしてGHに到着。フロントで荷物の中身の無事を確認するまで、ほんとに長い一日だった。

とにかく盗まれて行方知れずになったり、現金だけ盗られたりしなくてほーんとにラッキーだったと今でも思う。旅行会社の人たちも努力してくれたんだろーし。
そんなわけでのカンボジア入国となりました。やれやれ。チャム族の村に向かうボートで。何も気が付いてないわたしたち
posted by きゅー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東南アジアの旅 Mar〜Jun.2003 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年03月23日

飲んだくれてサイゴン 3

わたしたちが連日飲み明かしていたビアホイ屋台が、先の写真のブイヴィエン。にあるラムさんち。
とても居心地がいいので記憶をなくすこともしばしば…
翌日気持ち悪さを堪えて部屋にいると、ラムさんとこで一杯やってきた夫が
 「昨日シクロのおじさんとキスしたの覚えてる?」
 「…いや……(記憶の糸を手繰り寄せ中)…全然…」
 「あぁやっぱりね…そうだろーなぁ。(あきれてる) みんなが奥さんじゃないってさ(-_-メ) 」
 「あはははは(゚-゚)…」
このようなことがあってから、わたくしは反省し、以後万事ひかえめに、大和撫子として日本女性の名に恥じないよう振舞った、ということは全くなく、相変わらず半分記憶を失いつつ、旅の最後まで異国の安酒を飲みつづけました。
すまん夫よ、こんな女を選んだあんたも運が悪い。ていうか、女房がどっかのおっさんとキスしてる場にいても気が付かず、翌日に他人から聞いてるようじゃあなぁ…

ところでわたしたちのお薦めの食い物屋をひとつふたつ。
ヴェンタイン市場の近くにある「Dong Nhan」(正しいスペルではありません)という食堂。COMという、あらかじめ並んでいる惣菜の中から好きな物を選んで食べれるスタイルの食堂です。東南アジアにはどこでもあります。
ここはそこいらのCOMより、若干値は張りますが、美味い。味は下手な観光客狙いの高級レストランで食べるベトナミーズよか、数段上です。
おかず4〜5品にライス、スープ、おまけの漬物とかついて3万ドンくらい(二人で。)高いといえどもその程度。まあ、多くのCOM相場が、6,7000ドン位のことを考えると、二食分にあたるわけだから、高いといえばそうなんだけどね。いっぺんソフトシェルクラブとおかず2品にビールを頼んだときも5万ドンでした。もちろん二人で。
住所は42Buong Dinh STです。(帰ってから割にいろんなとこで紹介されてるのを知りました。恋するベトナムというドラマにもチラリと出ていました。)

もひとつはやぎ焼肉の店。場所は8月革命通りの奥だったと思う(うろ覚え)んだけど、59Ngo Thoi Nhiem。店名は失念。このあたへん鍋や(やぎか魚)が割りに多い。目印は柴田理恵似のママさんかな?
以前歩き方に載ってるやぎ鍋やで食したときは、?だったんだけど、ここはタレがおいしい。鍋もそうだけど、焼肉がgoodです。鍋&焼肉&ビール6本に500mlペットに焼酎入れてもらい、9万ドンでした。ママさんの着かず離れずの接客もなかなか。
そうそう今回は食べなかったけど、おっぱいの(もちろんやぎの)肉もおいしいそうで。
ああー食べたいなぁ〜〜
                やぎ焼肉うまいよ

そんなこんなで飲み食いに明けたベトナム前半。次の目的地にしてメインのカンボジアへは、一泊二日メコンツアー付ボートでカンボジア入国(18$)というツアーに参加することに決めました。出発は25日。さてさて。


posted by きゅー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東南アジアの旅 Mar〜Jun.2003 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年03月21日

飲んだくれてサイゴン 2

ベトナムの食べ物はおいしい。
いっときのブームは落ち着いたようだけど、日本にもベトナム料理専門のお店がたくさんある。新潟にはまだ少ないけど、それでもアジア風(タイ、マレーシア、ベトナム、時には韓国や中華も混ざってたりするけど)のチャンポンで雰囲気のあるおしゃれ〜なお店は多い。で、食べに行くと、なにか物足りなさを感じる。「まずい」とかじゃなく、何かが。なんだろう?と思っていて気が付いた。
ハーブが違うんだな、きっと。

ベトナムだけではないんだけど、ほんとにハーブをよくつかう。フォーしかり、ネムという肉団子しかり、とにかくハーブやなんだかよくわからない葉っぱを、ぶちこんだり、巻いたりして食べる。もちろん個人の好みで入れる量も違うのだろうけど、それが何故かその料理にベストマッチする。それが無いとなんだかすごく物足りなく感じてしまうから不思議。香菜だけじゃないんだよね〜。どくだみ(もちろん生で。かなりポピュラーで焼肉や、前述のネムなんかには必ずついてくる)やらつぼくさやら、たでなんかもホビロンと食べるし。ちなみにホビロンとは、孵化する前のあひるの卵を茹でたやつ。殻を割ると、うらめしそうな目をした雛の一歩手前君と目が合います。(うそ)それをスプーンで掬って食べます。味は濃厚で香ばしい。わたしは好きなんだけど、旦那は「パス」だそう。

それ以外にも現地の葉っぱはたくさんある。それは日本じゃ手に入らないものばかりだから仕方がないのです。それに、やっぱり暑かったりして、体がそういうハーブ類を求めているから、余計美味くかんじるんだろうなぁ〜。冷房の効いたお店で仮にそれが出てきても、美味いとは思わないような気がする。

そういう類のもので、「ビアホイ」と呼ばれるビールのでき損ないみたいなものがあります。今はビアホイよりちと進化(?)した「ビアトゥオイ」というのを出してるとこが多いみたいですが。とにかく安い。ふつうのサイゴンビールなんかが350ml(うろ覚え)くらいで5〜6000ドン(およそ50円)なのに、こちらは4〜5000ドン/gていど。当然庶民の味方というわけで、男連中の憩いの場になってます。屋台で飲むか、屋根のついたつまみも作ってくれるとこで飲むかは、お好み次第。あ、もちろん屋台にも、貝やめん類を作ってくれるとこもあります。どちらにも言えるけど、ほっといても、するめやピーナツ売りが何度も巡回してくるので、上手く断れない心やさしい人はイヤという程食べることができます、ので心配ご無用。ちなみにこのてのピーナツ、何故か茹でてあるものが多い。煎り、ではなく。これがまたうまい。やみつきになるのです。

そのビアホイ、たいがいあまり冷えてないので、氷を入れて飲むのが一般的。気分はお水のオネエサンです。よく口の悪い日本人が馬の小便みたいと揶揄しますが、わたしと旦那にとっては、小便でもアルコールが入ってりゃ甘露なわけで。こんなにいいものは無いのです。
暑いので度が高いものを飲むと、急激に体温が上昇するのですね。ですから、度の低い小便のようなものを(しつこい)だらだら飲んでいるのは理に適ってるのです。それと何と言っても、その屋台なんかの雰囲気や状況がじつに楽しいのです。

夜風に吹かれて、いろんな街の情景 ---独特な節回しで流しているするめやとうもろこしの屋台、風船売り、体重測ります屋さん、拍子木を鳴らしながら歩いてる御用聞きの少年たちが往来を通り過ぎてゆく。
小路に眼を移せば、上半身裸で体操してるじいさん、子供や犬たちはいつまでもうれしそうにじゃれまくり、その脇では、赤や白のプラスチックのテーブルに、働き者のおかみさんたちがせっせと、つまみを赤ら顔のおっちゃんたちに運んでいる。おっちゃんたちはするめを口からはみださせながら、楽しそうにわいわいやっている---  そんな様子を見ているのはちっとも飽きないし。おまけに、たいがい珍しがって話し掛けてきてくれるので、ベトナムの今、を知るにはもってこいなわけです。まぁ、100%役にたたない情報ですが…(しかも大体覚えてないし)

そんなふうにして、ベトナムの夜は更けていくのです。

            酔っ払いたち
posted by きゅー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東南アジアの旅 Mar〜Jun.2003 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年03月19日

飲んだくれてサイゴン 1

翌日。まるで両替をしてなかったので、率のいい両替屋があるドンコイまで歩く。チェックアウトする前に、もっと安い宿探しもしたかったので、かなりの早足。これがいけなくて、いきなり足が水ぶくれ。

ともかく今回びっくりしたのは、街がだいぶ整理されていたこと。もっとも以前来たときは、2年前なので、あたりまえといえばそうなんだけど…ファングーラオ前の建設予定地は立派な公園になってるは、(おまけに敷地内にはサーカス小屋が設置されているし。当然見ましたよ〜)ディータム通りを下ったあたりは道路も舗装され、橋が架かり(このときは工事中)、今まで路上に店を広げてた野菜売りのお母ちゃんたちの数も、だいぶ少なくなってた。バイタクの話ではだいぶ景気も上向いてるそうで、なにより。この年の暮れにはシーゲームなんていう大会も催されるそうで、なおのこと街を整備しているんだろうなぁ。
だけど、ほーんと勝手な言い分なのはわかっているけど、あんまり上品になりすぎて、うちは都市なのよ、都会なんだからねっ!なんて街にはなってほしくないなぁ〜やだなぁ〜
なんてこと思いつつ、しばらくの宿をブイヴィエンのヴーシャウに決めました。一泊10ドル。ベトナムの宿はこのクラスのGHであれば、総じてきれい。比較的新しいせいもあるのだろうけど、タイに比べると清潔感が違うようにわたしには感じられる。国民性の違い?

主人は今回初の東南アジアということもあり、すぐにバイタクの兄ちゃんにつかまったり、値段も聞かずに買い物したりと、なかなかかましてくれていたんだけど、何回かやりとりするうちに、だんだん慣れてきたようす。でも、やっぱり性格なのか、決してわたしのように、売り子にやいのやいの言ったり、脅したりすかしたりせずに、買い物したりしてる。
そんな様子をとなりで、薄目で見てると、始めはだまっていよう、何事も経験だからね〜と思っているのですが、つい、「ねぎれねぎれ」と呪文を唱えたり、「たかいたかい」と水をさすおせっかいおばさんに変身してしまいます。わたしは、基本が攻撃的なので、そういうやりとりが楽しかったりもするのですが、彼は違うようで...まあ、しょうがないか〜

ところで暑いベトナム。つねに水分の補給が必要なのですが、当然ペットボトル入りのお水も必需品ではあります。が、この国には水よりも安価で、おいしいものがあります。たまには水以外のものを、とスーパーなどで缶のコーラやお茶(めちゃくちゃ甘い)などを買わずに気軽にのめるもの。
それは、屋台のさとうきびジュース(ヌオックミア)と生ジュース(シントー)です。
ヌオックミア屋台
さとうきびは絞ったジュースにレモン(こちらのは小粒でやさしい酸味)をちとたらしたり、塩を入れたりしたもの。生ジュースは好きな果物や野菜を選ぶことができます。氷を入れるので、お腹のよわ〜い人はOUTでしょうが、なに、習うより慣れろ。です。果物が豊富な南国ならではの贅沢です。ちなみに写真は動物園前のヌオックミア屋台。女子学生をナンパ中(?)の旦那


甘いのが苦手な人にはベトナムコーヒーか、お茶を。ただし、コーヒーは基本にコンデンスミルクと砂糖をがっつり入れて飲むのが、ベトナムスタイル。コーヒーが濃くて苦いので。嫌な人は「カフェーデン(ブラックコーヒーという意味)」とお願いしましょう。わたしはそうしております。お茶はそのあたへんの路上でも飲めますし、COMという大衆食堂なら、テーブルにどん!と置いてあるのでかってにのみましょう。お茶といっても何種類もあります。日本の緑茶よりは香りもないものが多いですけど、ハス茶など、独特でおいしいものもあります。
あと屋台でよくみかけるのは、苦瓜茶だの豆乳だの。でもえてして甘かった(すぎ)!その他よくわからないものもたくさんあります。ので、好奇心旺盛な人はLet’s Charenge!

posted by きゅー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 東南アジアの旅 Mar〜Jun.2003 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年03月16日

いざ、常夏の国へ!

2002年の暮れくらいに、主人の仕事のふんぎりもつき、念願の二人での長期旅行にでかけることになりました。
行き先は、当然アジア方面。
彼の念願でもある、カンボジアを中心に置き、タイかベトナム経由だろうね。ということで、チケットをあたると、福島空港発着でベトナム行きのチケットが割安だったのです。
我が家は新潟。成田まで行くと当然新幹線代がプラスされるのです。
福島なら車でGO。おまけに駐車代は無料!即決でした。
ただアシアナ航空なもので、韓国でS/O。まぁ、時間はたくさんあるので、OK,OK
ついでに帰りに韓国で、焼肉たらふく食べよう!いいねいいね!ってなかんじでした。
出発日時は3/16。3ヶ月の旅です。


当日早朝にゴミのイッキだし、という反エコロジーなことをして出発。
3月も半ば、とはいえ、まだまだ春の足音も聞こえてこない新潟。
余談ですが、わたし雪国育ちにもかかわらず、冬が心底嫌いです。
あんたそんな子供みたいなこと言うなて〜(新潟弁)と言われても、
いやな物はイヤ!摂氏15度になんないと動けないの!
プン(`へ´)となります。ので寒くなると、どうやって日本を脱出するか?ばかり考えています。


初めて利用させていただきました、福島空港。小さいけれどきれいでした。が、韓国へ行かれるor戻られる妙齢のおばさまおじさまたちが、スムースに荷物チェックを通過していく中、わたしのたった一つのリュックを、なにやらものものしくチェックし始めるじゃないですか!
なんですか?なんですか?
いままで帰国したときに何度も、疑り深く下着の類までチェックされたことはありましたよ、成田でね。(もちろん、いかがわしいものなんて、持って帰ったことはございません)
でもなんですか?初手から?                             
実はソムリエナイフだったのです。何でそんな物持っていくのか、といいますと、もちろんワインを開けるため、それからキャップを切るための小さなナイフの部分がついてるのですが、これが意外にお役立ち。南国フルーツをこじ開けたり、荷ひもを切ったり。
ただ、それまでこれが、センサーに掛かったことが無かったので、わたしもそういうもんだ。
と、思ってたのでしたが、考えれば(イラク)戦が始まる瀬戸際。
今回このように、不注意や甘い考えで失敗すること多数。
今思えば、これが最初のひとつだったんだなぁ〜。

ともかく、飛行機嫌いの主人も短いフライトは苦じゃなかったらしく、あ、というまに韓国。
仁川で高いビールを飲み、いざベトナムへ!

今回夜中に着。ということもあって、事前に一泊めのGHを予約、ついでにお迎えまで頼んでおいたので、気が抜けるほどイージーにファングーラオに到着。(あたりまえか…)
でも、むあっ、と蒸し暑い夜の空気と、タクシーの窓から見える街のようすが、いやが応でも、きたんだなぁ〜という、気分を高めて、なんともうれしくて。

チェックイン(ヴェンドンホテル)を済ませ、おんものお店で前回あまった小銭を手に(4000ドン+1ドル)サイゴンビール一本ずつで乾杯。
そしておやすみ〜 (-_-)zzz
posted by きゅー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東南アジアの旅 Mar〜Jun.2003 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。