2005年09月26日

やずややずや

久々のブログ書き。んー怠けすぎ。(´∀`;)

ここのところ気になるのは、「やずや」のCM。
14歳くらいのおしんのような女の子が主人公で、どうやらストーリーになっているようです。
わたしが目撃したCMで勝手に妄想すると。
おしんには血の繋がった両親はいない(もしくは何処かにいるが行方はわからない)が、唯一おじいさんがいて(おそらく青森在住そして商品でもある雪待ちにんにくを栽培している)じいさんでは面倒見切れないので養子に出された。(まさか身売りじゃないと思うケド)
養子先では同世代の子供たちもいてなに不自由してはいない(ただし家政婦扱い。)
夕飯ににんにくの丸揚げを出すと家族から冷たい視線。臭いとかいわれて。そのにんにくはじいさんとの思い出の詰まった彼女なりの愛情表現なのに...。゚(゚´Д`゚)゚。
そのせいか閑をだされた(もしくは夏休み)彼女は最愛のじいさんのもとへ。
だが楽しい時間は長く続かず、バスに乗って継母のとこへ...って思いっきりわたし偏見入ってますが、これから「やずやのおしん」がどんな運命を辿るのか興味津々です。

「雪待ちにんにく卵黄」という商品。昔ばあさんが作ってくれた「にんにく玉」のおしゃれバージョンなんでしょうきっと。違うのかなぁ?「やずや」さん。
ちなみにうちのばーさんの「にんにく玉」というのは、にんにくをふかして潰して卵黄を混ぜて捏ねて小指の先くらいの玉にしたものを乾燥させたもの。みかけはちんこいうんちみたいです。おまけに強烈ににんにく臭いのですが毎晩(特に冬)一つ食べて寝るのが日課。
でもほんとに好きだったよこれ。おかげなのか風邪引かなかったしね。まあ雪国で冬にビタミンや滋養を取るひとつの知恵だよね。
今ふと「やずや」で検索したら立派なHPがありました。書き込み見るとやはり気になっていた人、いるんですねぇ〜。
「おしん」には「ゆうき」という名前もあり(有機栽培ですか)どうやらわたしの見逃したCMも幾つもあり妄想はちとはずれていたみたい。いずれにしても謎なCM。
こちらです。お好きな人はどうぞ。http://www.yazuya.com/osirase/gekijyo/1.html
さて与太はおいといて、ほんとに気になるとこを。

国民投票法は来年中に整備 与党「民主と協調」
http://news.goo.ne.jp/news/sankei/seiji/20050926/m20050926005.html?C=S

自民党の中川秀直国対委員長は二十五日、NHKの討論番組で、憲法改正手続きを定めた国民投票法案について「どんなに遅くても来年中に必ず整備していかないといけない」と述べ、来年の通常国会で成立を目指す考えを示した。


少なくとも現代の日本に生まれ、日本人としてこの暮らしを享受したい、子々孫々この生活を続けて残していきたいと、本気で思うのであれば、
絵空事ではなく、現実にこの小さい島国と周辺で起こってることを
日本が今向き合わなければいけない現実から目を逸らさず、危機を認識して、国を守るためには何を変え、何を残すのか、
国民投票というかたちで憲法改正する意義を、国民がいちから考える機会を政府やマスコミは今からでも毎日喧伝する努力をしていただきたい。


改憲「白紙委任されたか疑問」 加藤元幹事長が慎重姿勢
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/seiji/20050924/K2005092401940.html

自民党の加藤紘一元幹事長は24日、長崎市内で憲法改正について講演し、衆院選で与党が3分の2を占めたことに関連し、「公明党が改正のプロセスにまで入ってくれるかどうかや、自民党を推してくれた人がそこまで白紙委任をしてくれたかどうかは疑問だ」と述べた。選挙戦で改憲が争点にならなかったことなどを念頭に、改正作業を急ぐことに慎重な姿勢を示したものだ。

 加藤氏は、憲法9条について「自衛隊は軍であるので、憲法に明記して整理した方がいい」と語った。一方、集団的自衛権の扱いについては「国連の常設軍の設置やアジアの安全保障体制の確立など、大きな環境変化がないと、国民世論が高まらずに難しい」と述べ、集団的自衛権行使を容認する段階にはないとの認識を示した。

 また、「靖国問題でもめている限り、現実話にはなりにくい」とも語り、小泉首相が靖国神社参拝を続ける限り、改憲に対する近隣諸国の理解は得られず、現実の政治日程に乗せるのは難しいとの見方を示した。


いちいち取り上げるのもなんなんだけど、こういう人物が政治家であるというのがまず情けない。では改憲以外は白紙委任されたとでも言いたいのか?大きな環境変化がおきる前にわが国の方針を明確にしておくのが政治なんではないのか?挙句「改憲に対する近隣諸国の理解」どこの国の憲法をお決めになるおつもりですか?みみっちい。

中国の覇権主義はますます拡大しているのに。

なんか長くなりそうなので以下に続けます。

続きを読む
posted by きゅー at 17:11| Comment(15) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

なにをだれに託したのか

8時になると同時に伝えられた出口調査の結果は「自公圧勝300議席超え」
ビール持ったままひっくり返っちゃいました。
いやはや、すごいこと。結局自民だけで296議席!東京の小選挙区はお遍路菅さん以外は自民と公明一色。
どこかの局でどなたかが言ってましたが、「小泉党」ができたんでしょうね。
郵政反対賛成じゃなく、小泉自民に票が入った。
もう造反議員も復党は望めないだろうし、むかうところ敵なしでしょうか。おとろし。
民主はね、しょうがないよ。やっぱ申し訳ないけど、岡田さんじゃきついよ。それこそ無党派層の票田狙うには、魅力なさすぎだもん。左右合体でうんぬんみたいな党の体制や政策のことを抜きにしても、討論番組でも、ニュース番組でも、メディアに露出しているのを見ていると、小泉首相は逃げているとか、まともに答えてもらってないとかばっかりで(いや実際そうなんだけどもさ)あんまり小泉小泉ってご執心だから、この人ほんとは小泉LOVEなんじゃないの?!などと、いらない妄想までしちゃうわたし。('A`)オエっ
まあともかく、二大政党狙うには、自民に反対と念仏唱えるだけではなく、国会でも党のビジョンを明確にして討論するべきだろうし。拉致問題のような超党派で解決すべきことにはイニシアチブを握って切り込んでいく姿勢があれば、評価もだいぶちがうんじゃないかと思うんですけどね。
とにかくジャスコ総裁の夢は潰えたわけです。さよな〜ら。
いやそんな自民圧勝な日本列島、わが新潟県はといえば、民主3、自民2、無所属1。ほぼ民主。
一区は約2万票差で西村氏が当選(;´д`)ハァ
ってかさ、拉致問題にきちんと取り組んでくれそうな人いないじゃない!六さん比例があってよかったよね。でも比例では鷲尾氏も当選かい(`д´)ムゥ
ま、とにかくやっぱ、自分たちで声をあげていくしかないのだよね。
うやむやにされちゃかなわない。

ところで自民が圧勝なら、公明と連立するイミがないから縁を切ることができるのか、(そうであればいいのだけども)
それとも今回の圧勝のかげには公明票があったから、ますます縁も切れずズルズルべったりになってしまうのか。どんな組閣が行われるのか。なんだか暗澹たる気持ちです。
昨日とはうって変わってさわやかな秋晴れなのに。


posted by きゅー at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

鉢植えブーゲンビリアの花が咲いた ヽ(´ー`)ノ

この前の9/6にまた万景峰号が入港し、8日に出港していきました。市内に住んでいるのに一回も抗議しに竜が島まで足を運んでいないこと、たいへんに心苦しいのですが。
この近辺は主人の出勤ルートなので入港した日はチェックしながら走ってるらしいのですが、この日の周辺道路はいつもと違う警備のようすだったらしい。「ん?」と思って見ると、民主と共産の候補者の選挙カーが止まっていたそうです。朝8時前ですので、準備中だったのでしょうけど。わざわざそこで選挙運動する意図はなんなのかなぁ?理解し難いです。すぐ近くには声をはりあげて抗議を続けている人たちがいるっていうのに。そこでどんな演説してたのか聞いてみたかったケドね!
かたや自民の候補は万景に抗議しに出向いている(すぐ帰ったみたいだけど)手放しで誉めることはしませんが、そういう姿勢(仮にパフォーマンスの一環としても)はやはり評価するべきだと思います。
きちんと評価する県民が多ければ、瓢箪から駒、○○と鋏は使いよう(あ、失礼!)だんだん真剣に応えてくれる議員さんたちが増えてくると、期待します。
ただそういう期待度の高い議員さんたちの意思を生かすも殺すも、わたしたち次第。無関心だったり、無知だったりしてはやっぱりだめなんで。
ただほんとに言いたい。比例代表やめてくれないかな〜。小選挙区制もちと納得いかないけども。比例なんて選挙したイミないじゃん!この選挙のやりかたこそ変えてほしいんだけどなぁ〜
ついでに投票のかたちも、選挙区制も変えたらいいのに。わたしにはアイディアは無いけど、もっとお金をかけなくても選挙ができるようにするとか、候補者に対しての評価がきちんと反映されるいいやりかたはないもんでしょうかねぇ?


選挙に気をとられている間に
「中露軍事協力に拍車 大規模合同軍事演習終了」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050826-00000010-san-int

「中印ロ、合同演習実施へ 3大国の連携強化鮮明」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050829-00000236-kyodo-int

これって、台湾に対しての(ひいては日本&アメリカ)あきらかな威嚇だよねぇ?ロシアはどっちかというと、お金持ち中国に武器買ってほしいからなのかもしれないけど。

「中国に“空中給油機など36機”露が売却  国防相が合意、爆撃機も交渉継続」
http://news.goo.ne.jp/news/sankei/kokusai/20050910/m20050910009.html

米国の意思は
「ブッシュ政権 インドを「公認」 核兵器保有国に 関係強化で中国牽制」
http://news.goo.ne.jp/news/sankei/kokusai/20050910/m20050910008.html?C=PT

こういうのにはなんで無反応なんだろ。マスコミって。えらいこっちゃ!って騒ぐと、憲法とか自衛隊っていうだけで、即戦争反対!平和へいわ!って思考停止になっちゃう市民の人たちがびびっちゃうからかなー。

平和を守る為に環日本海の代表として、核廃絶を北朝鮮に訴えていく発信都市になるのはいいけどもさ、なんで日本の国防のためのイージス君にはしょっぱい顔するのでしょうか、新潟市長さん。(すいません、一万人国民大集会のときの市長の言葉がずっとひっかかってるのです)
環日本海として重要な土地だからこそ、上記のような平和をあきらかに脅かそうとしている国家に対しては、もっとはっきりきっちり平和を訴えなきゃならないのじゃないの?
新潟県として、柏崎あたりの原発周辺地域の警備(海上もね)は万全なんでしょうか?
誰も戦争したいなんて思ってないとおもう。だけど、触るのもイヤみたいにかまととぶってると、ほんとうの危機を回避できなくなるんじゃない?(大上段の戦争だけじゃなく、テロも含めてね。実際拉致というテロは何度となく繰り返されているわけだしさ。)
回避する為に思考して策を練って、未然に防ぐのが普通なんじゃないの?もし防ぎきれない場合は、どうしたら被害を最小限に抑えられるかまで常日頃考えておくのがまともな大人の姿勢なんじゃないのかな。災害に関してもそうだし、一般人のレベルでいえば例えば海外旅行なんかも同じ気持ちでいなきゃだめなんじゃないのかな。対処の仕方はもちろん違うけど、起こりうるかもしれないことに対しての危機感を感じ予測して、準備しておくことは大切なんじゃないのかなぁ。
ましてや、行政に携わるのであればなお。別に市長さんだけじゃなくて、果たして今の各候補、政党にも、議員さんだけじゃなく、警察やともかく公の職に就いてる人たちにもいえるけど。もちろんマスコミにも。事前に察知するための情報収集能力、危機管理能力、対処していく為の連携、処理能力があるんだろうか?ほんとにこのままで大丈夫なんだろうか?
イラクで人質になって騒がせたあまり現状認識の得意でない方たちの一件からよく耳にするようになった覚悟という、本来人が滅多に一生のあいだに口の端に載せることのないであろう言葉が、気軽につかわれている昨今、ほんとうに国が国民に覚悟を問うことのないように、そしてもしほんとうに問われた場合に腹をきめることが先達のようにできるのか、わたしたちがほんとうに成熟して、覚悟できる国民になるまでには少し時間がかかりそうだなぁ。

ちょっと気になるニュース
9−10月に爆弾テロ恐れ インドネシア大統領が警告
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050829-00000242-kyodo-int

続きを読む
posted by きゅー at 14:44| Comment(2) | TrackBack(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日

あらあら本音が見え隠れ

このあいだこんな記事を発見しました。
http://mytown.asahi.com/niigata/news02.asp?c=25&kiji=24


拉致問題 小選挙区全候補者アンケート
--------------------------------------------------------------------------------

 郵政民営化、年金、少子高齢化、憲法問題――。私たちの暮らしを取り巻く多くの課題を、各候補者は、どう考え、どんな政策を打ち出そうとしているのか。朝日新聞社は、拉致、農業問題など、新潟の有権者に関心が高い課題を取り上げ、6小選挙区の候補19人にアンケートをした。

     ◇

 アンケートは選択式と、「拉致問題解決に何が最も有効な手段と考えるか」を記述で尋ねた。

 記述式で、「経済制裁」を挙げた候補は、吉田六左エ門氏(自民)、近藤基彦氏(同)、鈴木泰氏(国民)、菊田真紀子氏(民主)、栗原洋志氏(自民)、筒井信隆氏(民主)、高鳥修一氏(自民)の7人。

 具体的な手法について聞いたところ、「今の段階で制裁するべきだ」(近藤氏)、「『対話と圧力』では何の進展も期待できない」(菊田氏)、「まずは全面経済制裁」(筒井氏)などの回答があった。

 対極にいるのは、宮崎増次氏(社民)。6者協議を通じて「粘り強い交渉」を促す。

 共産は、川俣幸雄、細井良雄、田中真一、武藤元美、斎藤実の5氏が「日朝平壌宣言」に基づく働きかけを挙げる。武田勝利氏は「北朝鮮側交渉窓口の当事者能力がない事態を変えるように求める」とする。斎藤氏は「日本側が道理をつくしても相手側が応じなければ経済制裁もありえる」と加えた。

 鷲尾英一郎氏(民主)は「圧力」に強い賛意はないが、改正外為法、特定船舶入港禁止特措法の行使を明記。その際、北朝鮮脱出者を保護する人権侵害救済法案成立も必要だとする。

 西村智奈美氏(民主)はやや距離を置く。「対中国・韓国を中心としたアジア外交を再構築し国際的圧力によって解決につなげる」として、「制裁の有効性に検討が必要」と記す。

 自民候補でも、やや意見に開きがある。稲葉大和氏は第一に「6者協議を進める」ことを挙げる。経済制裁には「北朝鮮が他国から援助を受ければ痛くもかゆくもなく、日本が悪者になるだけ。そこを精査せずに制裁を求めることは疑問だ」と回答した。

 米山隆一氏も「きぜんとした外交交渉」を念頭に、「進展がなければ経済制裁を視野に入れる必要がある」という。高鳥氏は、対話か、圧力かの選択には慎重だが、「経済制裁」を有効な手段として挙げている。

 田中真紀子氏(無所属)は「圧力」に賛同しながらも、「国際世論によって金正日体制を崩壊させた後に南北統一を図る」と答えている。
(9/3)



鷲尾氏。脱北者を保護する人権侵害救済法案http://blhrri.org/topics/topics_0085_2.html成立も必要って、なんで外為法と船舶禁止法を行使するのにそんなの必要あるのさ?誰の人権を救済するつもりですか?法案通すまで外為法も船舶禁止法も行使しないということですか。そうですか。

logさんhttp://adoruk626.seesaa.net/が産経新聞に載ったくだんの記事について、鷲尾氏と西村氏
http://www.chinami.net/generalelection/generalelection_policy.htmlに抗議メールを送ってくださいました。
両候補者から返事が送られてきたそうでブログで紹介してくださっています。すみません、logさん、また参考にさせていただきます。
鷲尾氏サイドの返信は自身のホームページhttp://www.washio-e.jp/kidnap.htmlの記述どおり。(相当な抗議があったんでしょうね。いいわけをHPに載せなきゃならないほど)西村氏サイドからも返信があったそうです。どういう内容かというと、


で、次は西村智奈美の事務所から。

 8月26日の産経新聞3面に『拉致「郵政」に隠れ埋没危機』という見出しの記事の中で選対担当者の話として掲載されたものです。コメントをした人間の真意が伝わっていません。自民・民主・公明各党から出されたマニフェストに対し家族会会長が「腰が引けた表現」と断じるなど、拉致問題が風化の危機にあるという記事です。西村は当選以来1日も早い解決を目指して活動をしてきましたし、経済制裁も視野に入れた解決策を考えてきました。しかし、今回の総選挙は小泉首相が郵政改革賛成か反対かのみを争点とする姿勢でいるのですから、西村もその点に多くの時間を割かざるを得ません。そういう話の流れで記事が出来たのだと考えます。経済制裁を有効な手段として機能させる国際環境を作り出す努力をせず、パフォーマンスだけで外交を行ってきた小泉首相の責任を私たちは問いたいです。拉致問題に懸命に取り組んでいる議員の話として拉致問題に触れるゆとりがないことを忍びなく思っているという記事も載っていますが、小泉さんの口からは「拉致」という言葉は聞かれません。本当に郵政問題だけを考えているのならば、何も進展しない拉致問題も含め、多くの政策の失敗に触れられたくはないからなのでは?と考えざるを得ません。
 いすれにせよ、拉致は国家的犯罪であり、1日も早い解決を目指し、今後も活動してまいります。

西村事務所 斎藤


 

「しかし、今回の総選挙は小泉首相が郵政改革賛成か反対かのみを争点とする姿勢でいるのですから、西村もその点に多くの時間を割かざるを得ません。そういう話の流れで記事が出来たのだと考えます。」
だって!結局、選挙活動の中で、効果がない、争点でないと判断したわけでしょ。
拉致問題はアピール効果がないから、時間を割けないワケだ!ほんまなめくさってるね〜!
「一日も早い解決を目指し」の回答が「経済制裁も視野に入れ」「有効な手段として機能させる」には「国際環境を作り出す努力」が必要でそれには、「対中国・韓国を中心としたアジア外交を再構築し国際的圧力によって解決につなげる」と、いうことなのだと、理解しました。ははは、ずいぶんと気長な解決方法ですこと。

ちなみに一区の吉田六ざえもん氏(自)の約束http://www.y693.com/y693/911senkyo/6yakusoku.html
川俣幸雄氏(共)http://www.janjan.jp/bin/candidate/2005/representatives/00000709.htmlはHPないみたい。

どの候補者も魅力がないのですが(言っちゃった!)...まぁなぁ〜。
いずれにしても、この先今の各政党は再編することになるんじゃないのかなぁ(希望もある)とも思うので、政党に入れるというより、各候補者の政治家としての資質を問いたいところですが。
お友だち関係でもその資質が見え隠れすることもあるかなぁ(類は友を呼ぶなんていうし)と思ったら、
なるほど智水会の名付け親は多賀秀敏氏、ね。多賀氏とはこんな人。
http://www.geocities.jp/kijyo2ch/sanseiken/sanseiken_onweb.html#2004/8/25 知事選統一候補に多賀氏を擁立 新潟日報

ほぅ〜そーかそーか。そりゃ、大声あげらんないか。


posted by きゅー at 17:44| Comment(0) | TrackBack(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月02日

「恥じ」を感じることの大切さ

今さらのはなしなんだけど、商店街って活気がなくなった。
お盆に地元のかつてのメインストリートの近くを通ったのだけど、大型のスーパーを中心に、昔の一方通行の多い狭い道は国道からダイレクトに入れる基幹道路になってしまい、商店街が消えてしまっていた。途中にあった神社が残っていたので、ここはアーケードがあったあの場所だ、という認識がかろうじてできる程の変わりよう。昔のままの姿で残っていた隣の商店街はお盆というのを差し引いても、人の気配がなく、さみしいかぎりだった。
そのかわり郊外型の大規模なショッピングモールはあちこちに出現している。広い駐車スペース、DIYから食品、ドラッグ、家電、衣料まで幅広い商品を複数の店舗で補い合い、すし、ラーメン、ファーストフード、ファミレスと全国にチェーン展開してる食事処もずらりと軒を連ねてる。その敷地内にいけば一日遊んでいられるというかんじ。
実際休日なんて、何かイベントでもあるのかと疑いたくなるほどの盛況ぶり。
車社会であることと、どこも同じように豊富な品揃えと低価格だ、というのが盛況な理由なんだろうなぁ。個人商店に低価格を求めるのは酷だろうし、消費者側からしたら、同じものを買うなら安いほうがいいのだから、客足が遠のくのは仕方ないのか。
だけどお店の親父と話したり、酒屋で情報収集したり、ふかしたての饅頭食べたり、年季の入った喫茶店で、茶のみ老人の午後の語らいを聞きながら珈琲飲んだり、そんな商店街のある暮らしのほうがあたしは好きなんだけどなぁ。

ドライブをしていてもなんだかつまらない景色だなと思う。
だだっぴろい道沿いには同じようなチェーン店のでかい看板やパチンコ屋ばかりが目立っていて、巨大モールがあってと、自分が今どこを走ってるのか同じ景色ばかりでわからなくなりそうになる。店に入ればやたらめったらデカイ声で「いらっしゃいませ〜よ〜こそぉ〜」と連呼。元気が売りです、ってか。でも客の顔なんて見やしない。マニュアルオンリーの没個性の店ばっかり。

わたしが旅を好きな理由は、違う土地に行き、その土地ならではの食べ物を食べ、景色を見て、そこに暮らしている人たちの生活や伝統というか伝わってきた知恵みたいなものを想像したり、土地の人とはなしをしたりして、自分の日常の生活には無いところや共通点を見つけたりするのが楽しいからなんだけど。それはまぁ牧歌的な景色であればいいというんじゃなく、都市のあやしい裏通りなんかも同じように興味津々で潜り込んじゃうんだけど。とにかくその土地土地にあるお国柄っていうのか、それが均一化しているみたいでなんともつまらんのです。

ちとずれるけど、日ごろ買い物をしていると、他人様のマナーというか常識なんでは?ということから逸脱している人たちが目に付く。
スーパーにはたいがい商品を入れて歩けるようにカートが置いてあるんだけど、10歳くらいのガキを乗せるためだけに一台確保して(引っ張ってるのは大概父親)母親はもう一台買い物用に使ってたり。乗り物じゃないからね!
袋詰したら台の上には買い物かごを投げっぱなし、おまけに駐車場までカート持っていくのはいいけど、車の脇に置きっぱなし。他の車にぶつかったりするんじゃないか?と想像できないのかね。
自分で手にとっておきながら、買う気が失せたら元に戻さず、まったく違う場所にポイとその商品を置いたり。(生鮮やひどいと冷凍食品がお菓子だの調味料の棚にあったりする)トマトや桃みたいな痛みやすいやつをさわりまくってぐちょぐちょにしてる人とか。
値下げシールをはがして、別の商品に張り替えたりとか(たまたま見ちゃったのだけど、さすがに注意しました。子連れの主婦でした。子供の見てる前で何考えてんだろ?犯罪じゃん。なんかチッ!ってかんじでどっかいっちゃいましたが)
孫がお菓子売り場で中味を破って食べはじめても、平然として注意もしない人とか。挙げればキリがない。
常識はずれの人で圧倒的に目に付くのが5,60代のおばさん。孫のいる歳だよ。
わたしらくらいの年代の主婦やもっと若い人たちよりも常識ないからびっくりする。そういう人たちは何を食べてんのか、興味があるのでチェックしてみたりするんだけど、惣菜や肉類、冷食、清涼飲料水ばかり買ってる人が多い。
やっぱりね、と思ってしまう。食は人を作るんだよね〜。
そういう感覚の人は毎日行く近所の小さいスーパーより、低価格を売りにしてる大型店でよくみかける。大衆心理?人がたくさんいるし店舗も広いから目立たないような気がするから?

マナーとか常識とかいう前に、「恥じ」という感覚がないのだろうな。
昔はよく親やばーちゃんに言われましたよ。「世間体が悪い」って。だらしない格好するなとか、女の子が胡座かくんじゃないとか、ごはん食べるときに肘をつくなとか(まぁそれは躾か)若い頃は別に世間体なんてどうでもいいじゃん!と思ってたんですけど。そんな狭い世界で人の顔色窺ったりしても意味ないわ!なんて。でも今では、あなたも社会の共同体の一部であるのだと自覚しなさいということなんだろうな、と理解してます。

「恥じ」ってそこには必ず他者の存在があるわけだよね。他人の目に映る自分の姿を想像できるから生まれてくる感情で。あるていど自らの姿を客観的に捉えようとする視点がある。だから、そういう「恥じ」を感じない、もしくは一般より乖離してしまってる人って、物事を客観的に捉えようとしない、自分を集団の中に置いて比較したり考えたりしない人なんだろうね。自己中心でもあるし、他者を自分に置き換えることができない、わたし思うに、想像力の無い人なんだろうなぁと。
他人は自分とは違う存在である。という認識、自己と他者の差別化という視点に立ってはじめて客観的にものごとを考えることができるんじゃないのかなぁ。
小学校のとき「人を差別するのはよくないことです」と教えられたけど、思考するときの弊害のひとつなんじゃないのかな。人と違うからこそ差別する、差異を認識することができる。自分も相手から見れば違う人間なんだ。じゃぁどこが違うのか、共通点は何か。そこから、ではどうやってつきあおうか、と考えるんじゃないのかなぁ。

そこではなしは最初のどこも同じ景色でつまらない、というはなしに戻ります。他の地域にドライブに行ったとしても、どこも同じようなかんじであるというのは、他人やそれぞれの地域環境に対して、自分とは違うはずであるという客観的な視点にたってものごとを考えたりする機会を損ねているんじゃないのかな。と感じるのです。
地域や地方の独自性や多様性を感じられない環境というのは、想像力を損ねるんじゃないのかと。

うちのばーさん(故人)は目が悪かったにもかかわらず、山のふもとをドライブしてても遠いとこの山を指さし、「あそこにぜんまいが生えてるからちょっと寄ってくれ」などと言い、子供心に感心したものでした。いわゆるキノコ眼ってやつです。(私有地の山に勝手に入って採ったら駄目ですよー)
山の形態、動植物の知識があるから、見えなくても想像できるんでしょう。
そういう自然環境の中で身につく知識や知恵って、これから大切なんじゃないのかなとも思ったりしてます。山菜採りだけじゃなくて。
このあいだの中越地震のときの報道を見ていると、もちろん地殻の関係もあるんだろうけど、同じ地域でも、比較的新しい(といってもおそらく昭和40年以降なのかな)家は半壊しているのに、柱の太い、(おそらく戦前、江戸期〜大正くらいなのかな)昔の木造家屋はびくともしていなかったりするのが映っていた。やっぱり、きちんとした資材を使い、建築技術を持った職人さんがいて、その土地にあわせて作られた家なんだろうな、と感じてました。
あと、無理な土木工事や道路拡張のせいで土砂崩れして、いらない被害が及んだところも無いとはいえないなぁとも。
インフラを作るな、自然を守れ、ということじゃなくて、もっと、各地域の条件に合わせた無理のない工事をするべきなんじゃないのか?と。ほとんど交通量のない過疎に、山河をけずってまで徒らにばかでかい道路を作り、土砂崩れや、河川の氾濫の危険性をあげていることになんのイミがあるのか。あ、はなしズレたけど。

他者に対する想像力の欠如はそういう日本人が本来もっていた力を奪い、先達が作り残してくれた、文化や美徳というものに思いを馳せ、感謝し、守ろうとしていかないことにもつながってくるのじゃないのかな。もちろん犯罪にも。
posted by きゅー at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。