2005年08月09日

解散そして選挙

昨日、参院で郵制法案が否決され、小泉首相は衆院の解散を決めた。
いよいよ選挙か。
国民の真意を問われることになるわけだけど、どれだけ投票率が上がるのかも、ポイントになるよねぇ〜。これはあくまで理想論だけど、自民の土建屋たちには離党していただき、民主の現党首を筆頭にした左組合と公明がくっついて、元自由党の方たちは一反小泉郵政にくっつく、法案通す、しかるのち、きちんとした保守政党をつくる。ってのがいいんだけど...
現政権に公明がくっついてるのがどうにもハラがたつ。
小泉さん、8/15に靖国を参拝してください!若い人がみんな選挙に行って議席が増えりゃ、公明なんかと連立しなくたって済むんじゃない?それなら、ばんばんざいなんだけどもね〜。
ところで、森元首相。解散なら会長を辞任すると、言っておきながら、「なしよ!(欽ちゃん風)」ときたもんだ。まったく。


我が新潟はどんな候補が立つことになるのか。

そんなわたしもついこの前まで、選挙に行ったことがなく。非国民でした。
どうせ誰に入れたって一緒だろう?似たかよったかな政策だし、もっと、政策に納得できる奴はいないのかよ!魅力のある候補者がいないじゃん!
あるいは、どうせ農協や組合のおやじたちが、関係あるだけじゃん!とか。
そんな感じかたしかしてませんでした。
わたしには関係ない。って。
今も決して魅力ある候補者がいて、選挙のときは絶対この人に!なんてこともなく、あ〜困った誰にいれよう?なんてかんじです。
でも、ひとつ変わったのは、やっぱり選挙、特に国政選挙に行って投票しない限りは、どんな政府になっても文句いえないな。ということ。一部の人間だけが選んだ政治家を、国民の民意の代表にすることが、どんなに危険であるのか、理解したからです。

さて、でもやっぱり任意の候補者がいないし。
で、考えたこと。候補者に○くれただけじゃ、面白くないので、×とかΔとかそれぞれにつけるのはどうでしょ?×が何個以上ついてたら、当選できない。みたいのは。収集つかないか。

とにもかくにも、ほんとうに日本のための国益を考えて行動する政治家がつくる政府、政治を心の底から望みます。目先の既得権益や保身ばかりで、国の将来も考えない役人も政治家もいりません!
posted by きゅー at 12:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

郵政民営化参院否決で衆院解散し選挙へ
Excerpt: 8日1時から参議院で郵政民営化の採決を行い自民の30人が造反し 郵政民営化は可決ラインと言われた票数を15票以上差をつけ否決された 首相である小泉さんはこれを踏まえ衆議院を解散すると発表し 8月..
Weblog: 芸能&スポーツ瓦版
Tracked: 2005-08-09 16:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。